インターバンク直結型のFX業者

NDD方式の口座を作る時に使いたい業者

インターバンク直結型を意味するNDD方式ですが、実は海外の証券会社では多い方式なのですが、日本国内になるとその数は非常に少ない証券会社しか採用していない方式になります。
では、まずは日本国内におけるNDD方式の証券会社を見ていきましょう。

日本で有名な証券会社はと言えば「DMM FX」や「SBI FXトレード」「セントラル短資FX」「外為オンライン」「外為ジャパン」「ヒロセ通商」「GMOクリック証券」など様々ありますが、このほとんどがDD方式を採用している証券会社になります。

具体的に見ていくと「DMM FX」「SBI FXトレード」「セントラル短資FX」「外為オンライン」「外為ジャパン」はすべてDD方式になります。
この他の夢イな証券会社のほとんどがDD方式で、NDD方式の証券会社は数えるほどしかありません。

実際に日本国内でNDD方式を採用している証券会社としては「ヒロセ通商」と「GMOクリック証券」あとは「セントラル短資FX」はウルトラFXと呼ばれる口座タイプのみNDD方式を採用しています。

ちなみに海外の証券会社はDD方式を採用している証券会社の方が少なく、その多くがNDD方式を採用した証券会社となります。

NDD方式のFX業者で取引してみましょう

NDD方式とはノーディーリングディスクの略称で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーや人が介入することなく取引ができる方式になります。
反対にDD方式とはトレーダーとインターバンクの間にディーラが介入しているのですが、なぜディーラが介入しない方が良いのでしょうか。

DD方式はトレーダーが利益を出していると証券会社の損失に繋がります。その為ディーラが介入して、複数のトレーダーの注文を組み合わせて相殺したり、カバーやホールドをします。
反対に負けているトレーダには反対売買を入れてヘッジするポジションを大きくして利益を上げることができます。

要するにトレーダの損が証券会社の利益になる為、トレーダにとって不利なレートで約定したり、故意にロスカットを狙うストップ狩りが発生します。
しかしDD方式の証券会社は表向きは低スプレッドを提供して取引がしやすいように見せています。

その点、NDD方式の証券会社はトレードの損益は関係なくスプレッドと手数料を会社の利益としている為、表向きは通貨のスプレッドが広く手数料も高いように感じますが、実は公平なトレードが実現できる環境になっています。

ですので、FX初心者は通貨のスプレッドの狭さや手数料の安さで証券会社を選びがちですが、それよりも公平なトレードができるNDD方式の証券会社を選ぶ方が良いでしょう。