1ドル何円?外国為替チャートの見方

投稿者: | 2018年3月11日

FX初心者の外国為替入門
外国為替を利用したFXで利益を出すために大切なのは、チャートの見方を知ることです。

覚えることが「テクニカル分析」の第一歩となり、必要不可欠な知識となってきます。
簡単に説明すると現在の通貨価格をチェックすることで、1ドルが円でいくらかが分かり、購入した時よりも高くなった時に売却することで、差額を儲けとして得ることができるシステムと考えると納得しやすいです。

一般的に初心者が外国為替のFXを行う時に、最初に試すのがドルになり、他の外貨も基本的にチャートの見方は同じようなものなので、ドルから覚えていくのがおすすめになります。仕組みを理解することで儲けのチャンスを逃さず掴むことができるので、まずは学びが大切です。

チャートの右側の数字が通貨の価格となり、下部の数字が日付となっています。左から右に日にちが進んでいきますので、右に行くほど最新の数値だと覚えておくと分かりやすいです。
さらに赤と緑の棒が表記され、ローソク足と呼ばれていて値働きを表しており、1ドルが円でどれだけの動きをしたのかをチェックできます。

このチャートから買い時と売り時を分析することが可能です。

FX外為どっとコムのスワップポイントと長期チャートをチェック!

外国為替を利用したFXはドルが基本になりますが、慣れてきたらポンドやユーロを試してみるのも良いかもしれません。
この時に大切なのが為替レートの見方で、知らないと利益どころか売買することも難しくなってしまうので注意が必要です。

基本となるのがインターバンクレートで、売買する国の名前、さらにビットレート(買値)とオファーレート(売値)の数値が出ています。
覚えておきたいポイントとして為替相場の表示は自国通貨建てとなっていて、住んでいる国が基準になりますから、海外に行った時には表記に違いが出てくるので、知っておくと安心です。

この時も買値よりも売値が高くなった時に売却することで利益が出て、反対に下がった時に売ると損失が出てしまいます。
チャートや為替レートは常に変化しているので定期的にチェックする必要があり、最近はスマートフォンアプリでも出ていますので、インストールしておくと役立ってくれるはずです。

アプリによって見やすさが変わりますから、いくつかチェックして自分が使いやすいものを見つけると助けになります。
FXを行う際、利益を得るために基本となる知識です。