NDD方式の海外FX業者

FX取引では証拠金を預けて外国通貨を売買するというものです。

FXをはじめるさいには証券会社に口座を開設する必要があります。一般的には国内FX業者を選択しますが、海外FX業者にもメリットが多くあります。

海外FX業者のメリットとしてよく言われるものがNDD方式を採用している業者が多いことです。そもそもFX取引の仕組みではDD方式が日本では一般的です。
DD方式はディーリングディスク方式といい、仕組みとしてはFX業者が注文を受けてもそれを直接インターバンク市場には注文を出しません。

FX業者は投資家からの注文の状況をみながら独自に注文を出してトレードします。
またDD方式ではインターバンク市場とは直結していないので意図的に売買価格が業者に有利に働くことも可能ですし、またスプレッドも限りなくゼロにすることができます。

一方でNDD方式では投資家からの注文を仲介するだけでインターバンク市場で通貨の売買が行われます。
このため海外FX業者の多くは仲介者という立場になります。

仲介者としては、投資家に利益を出してもらわなければ自身も利益を得ることができませんから、積極的に情報提供を行うなど投資家が利益を得られやすいような環境を整えています。

FX業者の約定力と利益の関係

FX業者の約定力と利益の関係

NDD方式の場合の注意点として、約定力があります。

DD方式では業者内の取引で処理されるため投資家同士の注文が合致すればそれによって注文が成立するので約定力に強みがありますが、NDD方式ではインターバンク市場で行われるので約定力の違いが大きく影響してきます。
このため約定力が低い業者では思うようなトレードが出来ず利益を得られにくいデメリットがあります。

またNDD方式を採用しているFX業者の多くはPRC系FX業者と呼ばれます。PRCとはプリンシパルのことで取引会社と投資家が契約します。
このため資金管理も業者が行います。手数料などのコストが高くなります。

海外FX業者を利用するさいのハードルとしては取引ツールにmt4を使っていることです。

mt4はメタトレーダー4といいロシアで開発された金融市場向けの取引ツールです。
FX以外にもさまざまな取引に対応しており、また自動トレードなども行えるなど高性能なツールですが、日本語には完全に対応していないので操作になれるまで時間が掛かります。

一方でFX業者を選ぶさいのひとつにキャッシュバックキャンペーンがありますが、海外FXでは国内FX業者と異なりキャッシュバックを得るための条件がゆるやかなのも魅力ですし、入金した金額より割りました証拠金を利用することができるといったキャンペーンも行っています。

FXトレード口座開設をするために準備すること

FXトレード口座を開設したいのであれば、まず必要な情報を集める事から始めましょう。

どのようなスタイルでFXを行いたいかによって選ぶべきFX会社は変わりますが、どのFX会社が良い条件を示しているかは比較して調べるしかありません。
FX会社毎の条件の違いをリストアップしているサイト等もあるので、参考にしながらFX会社の情報を調べていきましょう。

利用しやすそうなFX会社が見つかったら、十分な資金を準備するべきです。ここで重要なのは、取引に利用する資金は余剰資金であるという事になります。

余剰資金を利用する場合は冷静な判断が可能で、心理的に余裕を持った取引ができます。必要不可欠な資金を投資に使うというのは、多かれ少なかれ判断に影響しますのでお勧めできない事です。

最後に、口座開設に必要な資料を用意しておきましょう。身分証明書とマイナンバー確認用の資料は最低限用意しなければいけません。
口座開設手続きの際に本人確認が行われますので、どちらも用意しなければ口座開設が難しくなります。

また、ちょっとしたポイントとしてIDやパスワードの管理アプリを導入しておくのも便利です。パスワードを暗号化して保存できるので保管が簡単ですし、パスワード生成機能を使って強力なパスワードを作る事ができます。

定期的なパスワードの変更もやりやすく、複数のFX会社と契約をしていてもIDやパスワードが混濁する心配がありません。